Product Development

CDTはモノづくりを通じて快適な空間の創造を提案する企業として、また、ブランドとして発足致しました。 ブランドとしての最初のステージを「働く空間」に定め、鉛筆一本からのモノづくりを通じて、近い将来”美しく働く空間”を想像することが、このステージにおける目標です。

なぜステーショナリーから始めるのか?すべての事柄は小さなことから始めなければなりません。働く空間とは机の集合であり、机とはペーパークリップや鉛筆1本まで考慮されるべき1つの空間だと考えています。

ステーショナリーが変わる デスクトップが美しくなる

これが1人、2人と増えたとき、きっとオフィス空間が変わると信じています。

< Company一覧に戻る